【必見】ヒト型セラミド化粧水人気ランキング

ヒト型セラミド化粧水とは?

当サイトにお越し下さってありがとうございます!

 

私自身、かつては化粧品には無頓着で、成分もちんぷんかんぷんでした。

 

ですが、もっと綺麗になりたい、いつまでも綺麗でいたい、
という思いが募って、自然と勉強を重ねるようになって
気づいたらいつの間にか詳しくなっていました。笑

 

そんな風に色々勉強してみると、綺麗な肌、美肌を手に入れるために
必要なものは絞られてくるということがわかりました。

 

これまで見てきた成分は数え切れません。
数十種類〜100種類近くは見てきました。

 

そんな中で「これが美肌の鍵か!!」と思えた要の成分が「セラミド」でした。

 

肌のうるおい度、みずみずしさ、肌の美しさに直結するのがこのセラミドでした。

 

ただそんなセラミドも実はよーく見てみるといくつも種類があります。

 

細かい説明は後回しで「シンプルに答えは?」ということで、
単刀直入に言うと「ヒト型セラミド」がベスト・オブ・セラミドです。

 

しかし、このヒト型セラミドは成分表示には「ヒト型セラミド」と書いておらず、
「セラミド1」、「セラミド2」、「セラミドNP」、「セラミドAP」と書かれています。

 

そこは注意が必要ですが、セラミドを含んだ化粧品を選ぶのであれば、
ヒト型セラミドを含んだものがベストであるのは間違いないので、
ぜひポイントとして押さえておいてください♪

 

このページ後半で、より細かい具体的なセラミドに関する説明も
まとめますが、手っ取り早く人気のヒト型セラミドの化粧水を
おさえたい方のためにも早速ランキングをご紹介したいと思います!

 

 

ヒト型セラミド化粧水の人気おすすめランキング

 

アスタリフトホワイト
ランキング第1位は「アスタリフトホワイト」です!

元々肌に深く浸透しやすい「ヒト型セラミド」を
「ナノ化」することによってさらに肌の奥まで浸透するように
作られている点が高く評価されています。
また、ナノ化したヒト型セラミド(ナノセラミド)のみならず、
ナノAMAを配合することで「シミ予防」や「美白効果」まで
期待できることが人気の大きな一因になっています!

価格 成分 人気度
1,080円(税込) ナノセラミド 、ナノAMAなど配合 ヒト型セラミド,化粧水,ランキング

アヤナス
ランキング第2位は「アヤナス」!

こちらもしっかりとヒト型セラミドを配合しています。
アスタリフトホワイトと比べるとこちらは肌の潤いに特化した
化粧品となっています。

価格 成分 人気度
1,480円(税込) セラミドナノスフィアなど配合 ヒト型セラミド,化粧水,ランキング

ヒフミド
第3位は「ヒフミド」です!

こちらもバッチリヒト型セラミドを含んでいる化粧水です!
エタノール不使用で、肌にやさしい点と
製薬会社が作っているという安心感が高く評価されています。

価格 成分 人気度
1,620円(税込) セラミド、オレイン酸、アルギニン酸Na、クエン酸Naなど配合 ヒト型セラミド,化粧水,ランキング

サエル
シミやくすみのない透明感のある肌を作ることを目的に

作られた化粧水で、ヒト型セラミドも配合しています。
それに加えてエスクレシドやアルブチンなどの成分を配合することで
シミの原因となるメラニンの生成を抑える効果が期待できます。

価格 成分 人気度
1,480円(税込) ナノセラミド 、コウキエキス、エスクレシド、アルブチン、

デイリリー花発酵液など配合

ヒト型セラミド,化粧水,ランキング

つつむ
第5位にランクインは「つつむ」です。

つつむは敏感肌のバリア機能のケアを目的に作られた高保湿化粧水です。

価格 成分 人気度
1,470円(税込) セラミドナノスフィア、アルギニン、セリン、アラニン、グラシンなど配合 ヒト型セラミド,化粧水,ランキング

セラミドには種類がある!

 

ということで、最初にベストオブセラミドと、それを含む化粧水の
人気ランキングをご紹介しました!

 

それでは、もう少し詳しく知りたい!という方のために
ここからもう一段掘り下げてセラミドについてまとめていきたいと思います!

 

最初にさらっと触れましたが、セラミドにはいくつかの種類があります。
セラミドは大きく分けると2つに分けられ、その中でさらに2つずつに分けられます。

 

合成由来のセラミドと天然由来のセラミド

 

まず大きく2つに分けると、セラミドは「合成由来」のセラミドと
「天然由来」のセラミドに分けられます。

 

ただし、実はここにユニークなポイントが潜んでいます!

 

「合成」と「天然」と言うと、一般的にはどっちの方が良さそうでしょうか?

 

普通であれば「天然」がいいものが多いですよね!

 

食べ物にしても、石鹸にしても、何にしても、「天然もの」って
とても良いもので、同時に高価なものでもありますよね。

 

そう、だから「天然由来」がいいのかな?ってセラミドでも
感じたり思う人も少なくありません。

 

現に私も最初は「え!天然セラミド?それが1番良さそう!」と
迷わず思いました。笑

 

しかし、こと「セラミド」に限っては「合成由来(特にヒト型)」が
人が持つセラミドに最も近いベストセラミドなんですね。

 

天然由来は、天然は天然でも実は成分的には人の持つものとは
結構離れているのです。

 

ではこの辺りについてもう少し見ていきましょう。

 

 

合成由来のセラミド

 

まず1つ目は「合成由来」のセラミドです。
そしてこれはヒト型セラミドと合成セラミドの2つがあります。

 

ヒト型セラミド

 

ヒトのセラミドに最も近いセラミドです。酵母を使って作られています。
このヒト型セラミドの特長としては、最もヒトのセラミドに近いことに加えて、
圧倒的な保湿力、圧倒的な浸透力があるということが挙げられます。
さらに刺激が少ないので肌にもやさしいという特長もあります。

 

圧倒的な保湿力と浸透力があることで、成分が肌の奥まで届いて
バッチリ効果を発揮してくれることはもちろん、肌のうるおいを圧倒的に
キープしてみずみずしくツヤのある肌を実現してくれます。

 

 

合成セラミド

 

続いてもう1つの合成由来のセラミドが「合成セラミド」です。
こちらのセラミドはセラミドに似たものを化学的に合成することで
作られています。
具体的には、石油原料から化学合成されていて、安価で大量生産が
可能なことから多くの化粧品に用いられています。
ただ、数あるセラミドの中でも最も効果が得にくいと言われています。

 

 

天然由来のセラミド

 

次に天然由来のセラミドについて見ていきましょう。
一見「天然」と聞くと良さそうなのに合成由来ののヒト型が
おすすめである理由が分かってきますよ。

 

天然セラミド

 

天然セラミドは、ビオセラミド、ウマスフィンゴ脂質、セレブロシドなどと
成分表記されるセラミドです。
一体何から作られているかというと、「馬」などの脳や脊髄から抽出して
作られています。

 

動物性の天然セラミドが開発、商品化された1番初めの頃は「馬」ではなく
「牛」から作られていましたが、BSE問題が起こったことで「馬」の脳や脊髄から
作られるようになりました。

 

セラミドという名前がついていますが、実は厳密には「セラミド」そのものではなく、
セラミドになる前の「(セラミド)前駆体」と呼ばれるものです。

 

人の肌の中(内側)からこの前駆体が働く場合にはセラミドにちゃんと変わってくれて
効果があることがわかっていますが、例えば化粧水などで外側から補ったときに
ちゃんとセラミドに変わってくれるのか、ちゃんと効果があるのか
実はまだわかっていません。

 

 

植物性セラミド

 

植物性セラミドは、グルコシルセラミド、加水分解こんにゃく根、植物性セラミド、
コメヌカスフィンゴ糖脂質、セラミド含有米抽出物などと表記されるセラミドです。

 

こちらはその名の通り植物から作られていて、主にコメ、トウモロコシ、大豆、
こんにゃくなどを元にして作られています。

 

この植物性セラミドも天然セラミドと同じように、しっかりとセラミドとして
効果を発揮してくれるのかはまだわかっていない状況です。

 

 

セラミドの中でも最もオススメなのが「ヒト型」!

 

これらのことを踏まえると、セラミドの中で最もおすすめなのは
「ヒト型セラミド」であるということがわかります。

 

セラミドという名前がついているものの、厳密には「セラミド前駆体」と呼ばれる
セラミドに変わる前の成分であるのが天然由来のセラミドであるということですね。

 

そして、それらセラミド前駆体は肌(体)の内側からであればちゃんとセラミドに
変わってくれて効果を発揮してくれるものの、外側から化粧水などで補った場合には
ちゃんとセラミドに変わって効果を発揮するか現状ではわかっていない、
ということですね。

 

なので、「前駆体」ではなく、ちゃんと「セラミド」であり、かつ、
人のセラミドに最も近い構造を持った「ヒト型セラミド」が最適です。

 

 

 

ヒト型セラミドの効果は?

 

・圧倒的な浸透力で肌の奥まで浸透し、うるおいを与える
・抜群の保湿力(水分保持力)で肌のうるおいを長時間キープ
・脱・肌の乾燥
・肌のバリア機能が向上し、外敵からしっかり肌を守る
・肌がしっかり守られることで美肌化が進む

 

圧倒的な浸透力で肌の奥まで浸透し、うるおいを与える

 

ヒト型セラミドは人間のセラミドに最も近く、高い浸透力を持っています。
その浸透力の高さによって、肌の奥まで深く浸透し、うるおいを与えてくれます。
年齢を重ねると次第に減少していくセラミドですが、浸透力の高いヒト型セラミドであれば
しっかりと浸透させながらセラミドを補っていくことができます。

 

抜群の保湿力(水分保持力)で肌のうるおいを長時間キープ

 

セラミドはもともと肌において水分をキャッチして離さない高い「水分保持機能」を
持っています。それによって、肌のうるおいを逃さずキープしてくれるんですね。
20代でピークを迎えるセラミドは、50代に向けて半減していきます。
それによって肌において水分をキャッチしていられなくなるので、
うるおいをどんどん逃してしまうということなんですね。
ただ、年齢とともに減少するセラミドをしっかり補うことができれば、
いつまでもうるおいをキープできるみずみずしい肌、美肌にしていくことができます。

 

脱・肌の乾燥

 

 

 

肌のバリア機能が向上し、外敵からしっかり肌を守る

 

 

 

肌がしっかり守られることで美肌化が進む

 

 

 

セラミドはサプリで摂れる?

 

 

ヒト型セラミドを含む市販の化粧水